よくある日記

何か気が向いたら何でも書いてみる

docker-engine、docker-ce、docker.ioの違い

最近dockerさわり始めました。
インストールガイドに沿ってdocker環境整えたあとに気づいた。
なんかいろいろパッケージあるけどなんなんですか

  • docker-ce
  • docker-engine
  • docker.io


ケツロンは全部同じなのかな?

# docker-ce

今のdockerの呼び方(docker-eeとかエンタープライズ版もある)

# docker-engine

昔のdockerの呼び方
使ってる人はアップグレードしてくんろ!って書いてあった
blog.docker.com


# docker.io

ubuntuがメンテしているdockerのパッケージ名
らしいっす
ワイと同じ疑問を持った人がおった
What is the difference between docker-engine and docker.io packages? - Quora

MySQL5.7でMHAとmysqlfailover試した

どうも@No_oLimitsです。

 

この記事はCyberAgent Developers Advent Calendar 2016 - Adventarの16日目の記事です。

 

最近CyberAgentに転職してMySQL触るようになったので、タイトルの通り検証的なものを書きたいと思います。

それでは早速行きましょう

 

MHAとは

MySQLのHA化できる、すごい人が作ったすごいツールです。

mysql-master-ha - MHA for MySQL: Master High Availability Manager and tools for MySQL - Google Project Hosting

MySQLでHAといったらMHAでしょ!的な雰囲気を感じます

 

mysqlfailoverとは

MySQL Utilitiesに入ってるツール。

MySQL :: MySQL Utilities 1.6 Manual :: 5.12 mysqlfailover — Automatic replication health monitoring and failover

 

まず構成

  • CentOS6
  • MySQL5.7でGTIDレプリケーション
  • マスター1つとスレーブ2つ用意、フェイルオーバ管理してくれるサーバ1つ
サーバ 役割 IP
ohara-mysql-1 クライアント、MHA manager xxx.xxx.xxx.52
ohara-mysql-2 レプリケーション xxx.xxx.xxx.53
ohara-mysql-3 レプリケーション xxx.xxx.xxx.54
ohara-mysql-4 レプリケーション xxx.xxx.xxx.55

 

GTIDレプリケーションの設定は以下を参考にしました。

http://downloads.mysql.com/presentations/20151207_02_MySQL_Replication_for_Beginners.pdf

 

MHA試す

手順は、、、いろんな人がMHA組んでるので割愛

バージョンは0.56使いました

とりあえずmasterをkillしてみましょう 

 

結果

----- Failover Report -----
mha: MySQL Master failover xxx.xxx.xxx.53(xxx.xxx.xxx.53:3306) to xxx.xxx.xxx.55(xxx.xxx.xxx.55:3306) succeeded
Master xxx.xxx.xxx.53(xxx.xxx.xxx.53:3306) is down!
Check MHA Manager logs at ohara-mysql-1:/var/log/mha/mha.log for details.
Started automated(non-interactive) failover.
Invalidated master IP address on xxx.xxx.xxx.53(xxx.xxx.xxx.53:3306)
Selected xxx.xxx.xxx.55(xxx.xxx.xxx.55:3306) as a new master.
xxx.xxx.xxx.55(xxx.xxx.xxx.55:3306): OK: Applying all logs succeeded.
xxx.xxx.xxx.55(xxx.xxx.xxx.55:3306): OK: Activated master IP address.
xxx.xxx.xxx.54(xxx.xxx.xxx.54:3306): OK: Slave started, replicating from xxx.xxx.xxx.55(xxx.xxx.xxx.55:3306)
xxx.xxx.xxx.55(xxx.xxx.xxx.55:3306): Resetting slave info succeeded.
Master failover to xxx.xxx.xxx.55(xxx.xxx.xxx.55:3306) completed successfully.

 

うまくfailoverしたみたいです。

MHA公式のリリースノート見てみたら0.56からMySQL5.6 GTID対応済みのようです。

5.7も動作OKですね。

ReleaseNotes - mysql-master-ha - MHA for MySQL: Master High Availability Manager and tools for MySQL - Google Project Hosting

 

mysqlfailover試す

本命はここからです。

以下サクッと手順

 // MySQL Utilitiesインストール
yum install mysql-utilities

// failover用mysqlユーザ作成
create user failover@'%' identified by 'failover';
grant all on *.* to 'failover'@'%' with grant option;

 

設定簡単ですね

utilitiesはクライアント用のサーバに入れます。1.6.4を使用

failoverユーザをクライアントサーバからアクセスできるようにします。

アクセス制限の所は今回適当です。

権限はgrant option付きでallが必要みたいです

 

mysqlfailover起動

mysqlfailover --daemon=start --master=failover:failover@'xxx.xxx.xxx.55' --discover-slaves-login=failover:failover --log=/tmp/mysqlfailover.log --force

 

さてkillしてみます

結果

Failover starting in 'auto' mode...
# Candidate slave xxx.xxx.xxx.53:3306 will become the new master.
# Checking slaves status (before failover).
# Preparing candidate for failover.
# Creating replication user if it does not exist.
# Stopping slaves.
# Performing STOP on all slaves.
# Switching slaves to new master.
ERROR: Slave xxx.xxx.xxx.xxx.54:3306 change master failed. Error performing commit: 1776 (HY000): Parameters MASTER_LOG_FILE, MASTER_LOG_POS, RELAY_LOG_FILE and RELAY_LOG_POS cannot be set when MASTER_AUTO_POSITION is active.

 

あれ・・・

MASTER_AUTO_POSTION設定してると上記のchange master文はエラーのようです

 

おかしくない・・・?

GTIDでレプリしてるから、MASTER_AUTO_POSITION設定するでしょ。

何かがおかしい

調べても有用な情報見つからず、一旦諦めてMySQL5.6で試してみることに

INFO Master may be down. Waiting for 3 seconds.
INFO Failed to reconnect to the master after 3 attemps.
CRITICAL Master is confirmed to be down or unreachable.
INFO Failover starting in 'auto' mode...
INFO Checking eligibility of slave xxx.xxx.xxx.54:3306 for candidate.
INFO GTID_MODE=ON ... Ok
INFO Replication user exists ... Ok
INFO Candidate slave xxx.xxx.xxx.54:3306 will become the new master.
INFO Checking slaves status (before failover).
INFO Preparing candidate for failover.
INFO Reading events in relay log for slave xxx.xxx.xxx.54:3306
INFO Creating replication user if it does not exist.
INFO Stopping slaves.
INFO Performing STOP on all slaves.
WARNING Executing stop on slave xxx.xxx.xxx.54:3306 WARN - slave is not configured with this master
INFO Executing stop on slave xxx.xxx.xxx.54:3306 Ok
INFO Switching slaves to new master.
INFO Disconnecting new master as slave.
INFO Execute on xxx.xxx.xxx.54:3306: RESET SLAVE ALL
INFO Starting slaves.
INFO Performing START on all slaves.
INFO Checking slaves for errors.
INFO Failover complete.
INFO Discovering slaves for master at xxx.xxx.xxx.54:3306

 

動いた(^^;)

 

まとめ

  • MySQL5.7 GTIDでMHA 0.56+は動作する
  • MySQL5.7 GTIDでmysqlfailover(MySQL Utilities 1.6.4)は動作しない要調査
  • MySQL5.6 GTIDでmysqlfailover(MySQL Utilities 1.6.4)は動作する

 

個人的にmysqlfailover悪くないと思った

  • MHAのようにmha-nodeエージェントみたいなのを入れなくて良い
  • sshノンパス設定いらない
  • slaveの分だけ無限にfailoverしてくれる(MHAは一度failoverするとmanagerプロセスが落ちる)
  • slaveは自動で検出してくれる